「副業」を始めたと友達に行ったとき、どのような表情をされるでしょうか。友達によっては、少し微妙な顔をするかもしれません。
現在の日本では、会社員などの本業に加えて、ネット副業などの副業をしている人に対する見方は様々です。本業だけを頑張っている人のほうが良くみられるということもあるでしょう。しかし、将来的には、副業をしているのが当たり前という世の中になるかもしれません。

副業を良く思わない人はどのような人でしょうか。それは、本業だけを頑張るのが美徳という古い価値観に支配されている人かもしれません。
ある程度年齢をいった方に多いタイプですが、そのような親に育てられた子供も、同じような価値観を持つということは良くあります。本業だけを頑張れば、給料がどんどん上がり、またボーナスもどんどん出た時代に会社員として働いていた人は、このように思っても当然かもしれません。

また、終身雇用制度がしっかりしていた時代は、ある程度の仕事ができていれば、会社をクビになることもなく、年齢に応じて給料は上がっていました。さらに、年金制度に関する不安もなく、利息も高いことから、ある程度の貯金があれば老後の不安などありませんでした。しかし、現在の日本はこのような状況にはありません。

現在の日本は、不景気が長く続き、また少子高齢化社会に突入して久しくなっています。終身雇用制度をとっている企業も少なく、仮にそううたっていたとしても、いつリストラをされるか予断成らない状況です。給料は上がりにくく、会社の業績が悪ければ、ボーナスも雀の涙ほどになってしまいます。

このような不安定な状況では、就職した企業を全面的に信頼し、そこを唯一の収入源にしながら、老後を迎えるというのはほとんど不可能と言えます。ならば、早い段階で副業を始めて、収入源をいくつも持ち、企業に依存せずに暮らしていけるようになることを目指すのが普通だと思います。

将来的に、さらに少子高齢化社会が進み、「超」少子高齢化社会になると、給料が増えたり、ボーナスが出ること自体が珍しいことになるかもしれません。公務員の数も減らされて、安定した収入を得ている人は、ほんの一握りになることも考えられます。

将来の不安を無くすことは難しいですが、不安を軽くすることはできるはずです。そのために副業を始めてみてはいかがでしょうか。副業を通じて、「自分の力でお金を稼げる」という自信がつけば、どのような世の中になっても生きていけるという実感を得られるかもしれません。